2018年04月12日

コック・オ・ヴァン

骨付き鶏モモ肉のブルゴーニュ風赤ワイン煮「コック・オー・ヴァン」

雄鶏をジュブレイ・シャンベルタンなどで煮込むらしいですが、

そこまでは追っかけられませんので、せめてフランスのプーレ・ジョーヌという

IMG_2850.jpg

骨付きの鶏モモ肉を使い、ほぼ赤ワインのみで煮込みたいと思います。

IMG_2854.jpg

一晩軽くミルポワ・エルブなどでマリネします。

IMG_2858.jpg

赤ワインを火にかけてアルコールを飛ばします。

IMG_2861.jpg

マリネした鶏にアセゾネ(塩・胡椒)します。

IMG_2866.jpg

粉をまぶして焼いていきます。

IMG_2869.jpg

やや薄めに軽く焼き色をつけました。

IMG_2877.jpg

タマネギ・ベーコン・マッシュルームをソテーして

IMG_2881.jpg

鶏モモと一緒に煮込みます。

IMG_2889.jpg

煮上がったら煮汁を漉して、その中で鶏をなじませながら冷却します。

IMG_2899.jpg

なじんだら、新たにタマネギ・ベーコン・マッシュルームをソテーして

煮汁を煮詰めたソースとあわせて味を決めて出来上がりです。

IMG_3060.jpg

さすがに赤ワインに良く合います。(^^)



お子様用のコーン・ポタージュのベースをつくります

このスープにはお子様のファンがしっかりとついていますので

安全な材料で精密に仕上げていきます。


タマネギ・地のふとネギ・カーネルコーンをバターでしっとり火を入れます。

IMG_3069.jpg

ブイヨンを入れて軽く煮込み、フレッシュのローリエなど香草で軽くアンフィゼ(香りつけ)します

IMG_3082.jpg

ミキサーにかけて、シノワで漉して出来上がり。

IMG_3085.jpg

これは、あくまでベースです。これに牛乳・生クリーム・バターなどで直前に仕上げます。

お子様専用の仕様ですからカイエンヌや胡椒、セロリなどは一切使用しておりません。

お行儀よくも勢い良く、スプーンで飲む姿はとってもカワイイですからね〜 (^^)


では、また。







posted by 刈谷スプーン at 02:38| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。